納得の家づくり!注文住宅の3つのメリット

思い通りのデザインに!

注文住宅のメリットは、なんといっても自分の思い通りの間取りやデザインにできることです。ライフスタイルにあわせて注文できるため、部屋割りや広さなど思いのまま。また「和風にしたい」「キッチンを広くとりたい」「吹き抜けにしたい」などデザイン面も好きに決められます。一般的な建売住宅にはないような個性的なデザインも可能です。もちろん内装だけでなく外装も自分でイメージ通りのものにできるため、満足度の高い住宅になります。

予算調整も思いのまま

注文住宅はどうしても建売住宅より予算がかかってしまうもの。ですが、その予算のかけ方は結構融通が利くものでもあります。設計段階から参加できる注文住宅は建築資材や設備などの選択肢も広く、自分のこだわりを発揮できます。お金をかけたい所はかけ、そうでもない場所に関しては安い資材で抑えるなど担当者と相談しながら予算の分配が可能なのです。ただ、あれもこれもとこだわりすぎると予算オーバーになりやすいという面もあるので注意が必要。あらかじめ予算を決めておいて、その範囲内でどこにこだわるか考えていくのが良いでしょう。

施工現場をチェックできる

注文住宅の場合、建売住宅と違い設計から家を作り上げていく課程を全て見ることができます。注文住宅も建売住宅も建築士による工事管理のチェックはありますが、実際に自分の目で施工現場を見られるのは大きいメリットと言えますよね。疑問点があればその場で現場管理者に質問することもできますし、しっかり施工しているという安心感を得ることができます。注文住宅は建売住宅よりも、時間も手間もかかってしまうものです。しかしその分自分の家にこだわりも愛着も持てます。ずっと住み続けるマイホームだからこそ、あなたらしさを大切にした家造りを検討してみてはいかがでしょうか。

注文住宅のメリットは、自分の希望通りの家が持てるということです。しかし、あまり独創的な家にしすぎると、もしも売却することになった時に、売れ難くなります。