知っておきたい!連帯保証人と家賃保証会社についての基礎知識

連帯保証人とは何か?

連帯保証人とは、入居者が家賃などを支払えなくなった場合に、その本人の代わって家賃などの債務をすべて返済する義務を負う人のことです。連帯保証人には入居者本人と同等の重い責任があるため、若い人などの場合は、自分の親や親族などに依頼するケースが多く見られます。しかし、連帯保証人になるためには支払い能力があるかどうかということが問われるため、入居者の年齢が比較的高く、その親も高齢化している場合などは、なかなか適当な人が見つけられないというケースも多いと言われています。

家賃保証会社とは何か?

家賃保証会社は、連帯保証人の代行サービスを行う会社のことです。入居者は利用料を支払いますが、万一入居者が家賃を支払えなくなった場合は、その会社が代わりに家賃などの立て替えを行います。利用料は、会社によって料金設定の仕方は違いますが、2年契約の場合だと家賃の30~70%や、1~3万円程度というのが相場です。また、サービスを利用するためには審査を受ける必要があり、入居者の職業や、クレジットカードの滞納の有無などが審査の対象になります。

家賃保証会社を利用しなければならない物件とは?

最近では、連帯保証人が用意できる場合でも、大家さんの意向により家賃保証会社の利用が義務付けられている賃貸物件もあります。連帯保証人を用意できない人には利用しやすい物件だと言えますが、家賃保証会社の利用料を支払わなければならないので、その分だけ入居時の初期費用は高くなります。そして契約する家賃保証会社については、あらかじめ指定されている場合が多いと言われています。また中には、連帯保証人と家賃保証会社の利用が両方必要な物件もあると言われています。

旭川市の賃貸の家賃は、数万円から数十万円程度に設定されることが多く、各消費者からの期待が寄せられています。