持ち家より賃貸がいい!賃貸住宅に住むメリット!

賃貸はあくまでも賃貸!

固定資産税という税金を知っている人はどれほどいるでしょうか。持ち家のデメリットとも言える固定資産ですが、家の所有権を持っている人なら年間10万円以上払うことになるでしょう。土地や家屋の所有権を持っている人だけに、固定資産税という税金が課せられる法律があるのです。賃貸住宅に住むメリットとしては、この固定資産税を払わないで済むというところもあります。年間で10万円単位の税金を払わないで済むのは、所有権を持っていないからこそあるメリットと言えます。

所有権を持たないというメリット!

賃貸住宅には、まだその他にもメリットがあります。一戸建て住宅には新築のものもあれば、外観が大分寂れている一戸建てもあります。壁にクラックが目立つ住宅もありますが、所有権を持っている場合、その修復は勿論自費で行います。マイホームという夢を手に入れた瞬間、全ての管理を自分で行うことになるのです。こう考えるとマイホームの現実は夢とは大きく違い、負担が大きいことを意味するでしょう。ところが賃貸住宅には、こうした負担が一切ありません。自分のものではない、所有権を持たないことがむしろメリットとなっているのです。

自治会に入る入らない…

アパートでもマンションでも賃貸住宅に住んでいる場合なら、自治会に入る人、入らない人は半々です。自治会に入っているほとんどの住民は、家の所有権を持っている場合が多く、賃貸に住む者はいつしか引っ越したりして、地域の住民ではなくなってしまうことも考えられます。賃貸住宅に住んでいる人が、自治会に入るメリットはあまりありません。地域の情報等を必要としている場合なら、自治会に入るべきでしょうが、特にメリットがないのなら自治会に入る必要はありません。

帯広の賃貸を契約する際に、敷金・礼金免除をしてくれるので利用しやすく、周辺状況なども教えてくれるので契約しやすいです。