賃貸物件探しのテクニック!?覚えておくと便利な知識3選

賃貸物件には2種類あります

賃貸物件には、全国の不動産屋から案内を受けられる流通物件とその不動産屋でしか案内出来ない専任媒介物件があります。流通物件については、仲介手数料が月額賃料の半分で済む正規の方法で営業している不動産屋経由で申し込めば初期費用が安く済みます。宅地建物取引業法に記載されている仲介手数料は、特約を結ばない限り賃借人からは賃料の半月分までしか請求出来ないことを知っておくと良いでしょう。1ヶ月分請求する不動産屋には、説明義務がありますが説明せずに1ヶ月分請求する不動産屋は誤魔化すのが上手ですから流通物件探しでは相手にしてはいけません。

サブリース物件は転貸物件です

不動産屋を訪れると案内にサブリース物件を含めて良いか確認されることがあります。迷わずサブリース物件の案内は拒否しましょう。なぜなら、サブリース物件は転貸物件のために、借地借家法上の権利が制限されるので相場の半額で賃貸出来るなどの特殊な理由が無い限りは、少しのトラブルでもすぐに追い出される可能性が高いので長く住むにはリスクが高すぎます。サブリース物件は転貸物件ならではのリスクがあることを承知で又貸しを受ける覚悟がある人のみが案内を受けると良いでしょう。

大家から直接契約すれば仲介手数料不要

不動産屋を通すことで大家も入居希望者も多額の現金を不動産屋とその取り巻きの保証会社や清掃会社に支払うことになります。本来は保証人を立てれば借りられる賃貸物件であっても、不動産屋を通すことで保証会社に支払う余計な費用を請求されてしまうのです。実際に大家が直接入居希望者を募集しているケースが増えており、仲介手数料不要で借りられることから首都圏を中心に人気を博しています。不動産屋を通して賃貸物件を探すのはもはや昔の方法なのかもしれません。

帯広市の賃貸は家賃が比較的安いのに加え、セキュリティがしっかりしています。冬の暗い時でも空き巣を気にする必要はありません。